OQ creates

Blog

ブログ

[コロナ禍]シンガポール留学に配偶者として入国できませんでした…

2021年5月、配偶者のシンガポール留学に同行予定でしたが、コロナ禍の影響で、入国を拒否されてしまいました。。
申請をした数日前から、シンガポールでの感染状況が少し悪化し始め、制限が厳しくなったようです。

このコロナ禍で、同じような状況で困っている方の参考になればと思い、備忘録を書き記しておきます。

申請時の状況

・配偶者は大学院(post-graduate programmes)の学生ビザ(STP)で入国予定
・ICAのWebサイトでは、「1. Eligibility」で大学院生の配偶者とその子供に入国を認めている

・今回入国申請をするのは学生本人とその配偶者の2名のみ
・当方の申請とほぼ同じ頃、隔離期間が21日間に延長されたり、就労ビザ関連での入国が禁止となった

入国許可申請フォームへ登録しようとするも…

学生本人のIPA letter取得後、Safe Travel Applicationのフォームで入国許可申請を行います。
順に必要な項目を入力していくと、一緒に入国する家族の情報入力欄が出てきます。

ここで配偶者の情報の入力し、いざ次のページへ進もうとすると、
エラーメッセージが出て先へ進めません。

エラーの内容は「学生本人が12歳以上なのでparent/guardianは入力できません」とのこと。

確かに12歳以下の生徒は保護者一人の同行が認められているようですが、
それ以外の条件でもEligibilityは認められているはず…

単なるシステムのミスなのか、意図的に弾いているのかは分かりませんが、
大学院生の配偶者入力はどうあがいても先に進めず、お手上げ状態になってしまいました。

※ないとは思うのですがここで入力ミスしていた可能性もあるかもしれません…
(ミスしていたら後述の問い合わせ時に指摘してくれるはずですが。泣)

STOへの問い合わせ

このままではどうしようもないので、STO(Safe Travel Office)へ問い合わせます。

「ICA Webサイトで大学院生の配偶者は入国を認められているが、システムに入力できない」旨を
コンタクトフォームから連絡すると、2日ほどで返答がありました。

返答を要約すると、
・大学院生の配偶者にEligibilityがあることは把握している
・しかし、昨今の状況を踏まえ、学生本人だけで入国するか、入国を延期してほしい
とのことでした。

 

うーーーーーーーん。正直疑問がめちゃくちゃ残ります。
これは担当者レベルでの返答なのか?たまたまシステムエラーになったから申請できないのか?
(エラーがでないguardianは申請できるのに?)子連れだったら許可されていたのか?
・・・・・・等々。

この時点ではまだ諦めがつかず、留学コースが決まっていて延期はできないこと、
配偶者との同行で渡星準備を進めていること等を理由に、再度問い合わせました。

また、MOE(Ministry of Education)経由のフォームからも申請を試みましたが、
2021年5月時点で入国許可申請関連はSTOが担当しているとのことで、結局STOの返答を待つことになりました。

2度の問い合わせ後

最終的な返答も先述の内容とほぼ同じで、学生本人だけでの入国、スケジュールの延期を提案されました。

入国期限も迫っていたため、この時点で当方(配偶者)の入国は断念しました。
非常に残念ですが、誰が悪いわけでもありません。すべてはコロナのせいなのです・・・。

また、仮に入国できた場合でも、21日間の隔離後、
配偶者のビザをShort TermからLong Termへ変更しなければなりません。

これもネット上ではコロナ禍における情報が少なく、現地で対応するしかないと思っていた点です。
何らかの延長措置はしてくれると思いますが、
隔離期間でほぼShort Termの期限を消費してしまうので、かなりシビアですよね。。
(経験者の方いらっしゃれば、ぜひSNS等で共有いただきたいです・・)

まとめ

以上、当方の入国申請~拒否までを記載いたしましたが、
すべての方に当てはまるわけではないと思います。
(特にお子様連れの方は変わるのではないかと思います。)

その時々のシンガポール国内での感染状況や、制限に応じて十分に変わる可能性があると思います。

シンガポール政府の方々はコンタクトフォームからの問い合わせに素早く対応してくれますので
困ったら問い合わせをされるのがよいかと思います。

Share this: