OQ creates

Blog

ブログ

[制作事例]SALAK様のサイトリニューアルを担当しました!

SALAK様のサイトリニューアルを担当しました

こんにちは、藤崎ゆい子です。
今回は、Webサイトの制作事例紹介をいたします!

担当させていただいたのは、手彫りの木工芸品を製造・販売されているSALAK様のサイトリニューアルです。

リニューアルの概要

SALAK様

SALAK様は手彫りの木工芸品を制作されています。
グーペ(goope)のテーマをカスタマイズし、リニューアルを行いました。

リニューアル前の課題

作品や商品をもっとビジュアル的に訴求したい

旧デザインのトップページでも、作品写真のスライドショーを設置していましたが、表示サイズが小さく、印象が薄くなっていました。

作家様をはじめクリエイターの方であれば、作品を大きく見せることは必須かと思います。
本サイトもそうですが、トップページの一番最初に見える部分(ファーストビュー)には自身の作品を大きく載せるだけで、クリエイターとしてのアピールになると思います。

今回のリニューアルでは、ファーストビューで大きく作品写真が表示されるように修正を行い、スライドショーで動きをつけました。

ナビゲーション(メニュー)が見にくい

メニューの内容について、会社概要とワークショップ予約関連のリンクが混在し、非常に分かりにくくなっていました。
パッと一瞬見ただけで、ユーザーが見たい情報がどこにあるのか把握できるのが理想です。
SALAK様の場合、最も重要な「ワークショップの予約の仕方」をどのように行えばいいのか、何度もページを遷移して確認しなければならず、ページの整理とともに改善が必要でした。

Instagramの最新投稿を並べたい

SNSに馴染みがないユーザーに、更新頻度が多いInstagramアカウントを見てもらえず、最新情報を伝えることができていませんでした。
イベントの告知等もInstagramのみで行っていることが多く、多くの機会損失に繋がっていたと思われます。

改善策

・グーペ既存のデザインテーマを編集し、大幅にトップページ、ナビゲーションを変更。
⇒作品写真を大きく掲載し、作品が前面に出るように。
⇒ナビゲーション部分を「お店の情報」「ワークショップ予約」に分類し、見やすく。

・Instagramの投稿をトップページに表示し、アカウントページへ誘導。
・ドメインを独自ドメインへ変更。
・「木」「工芸」「手仕事」「暮らし」をイメージした配色、フォントを使用。

リニューアルを終えて

サイトのリニューアルから数日後、SALAKのお客様から「サイト見やすくなった!」とお褒めの言葉をたくさんいただけたようです。
関わった者として、とても嬉しいです!

Webサイトは初めてのお客様がまず訪れる場所であり、お店や事業の「顔」でなければいけないと思っています。
特にこのコロナ禍でより多くの人がその実感を持つようになったのではないかと思います。

レスポンシブ対応やSSL化、独自ドメイン取得など、2022年のWebサイトとして最低限の対応するだけでも、がらっとイメージを変えることができますので、未だの方は早急に改善することをお勧めします!

Share this: